剣道の打ち落とし技が上達する練習方法

剣道の打ち落とし技ですが、この技を成功させるにはしっかりとした手の握りと構えが出来ているかが重要になってきます。

剣道の「打ち落とし技とは、打ち込んでくる相手の竹刀を、右下または左下に打ち落とし、相手の打突を無効すると同時に、相手の隙をすかさず打ち込む技です。

今までの返し技や払い技、抜き技と違い、力づくで相手の打突を殺す技ですので、多少力技に頼る部分も出てきます。

そのため、しっかりと自身の竹刀で相手の竹刀を打ち落とせるように、竹刀の握り(左手でしっかりと安定させているか、右は柔らかく、打突や打ち落とす瞬間だけ絞るように剛性をだせているか)が重要になってくるというワケです。

また、打ち落とすタイミングも相手の腕が伸びきろうとする瞬間を狙います。

なぜならば、伸びきる前では十分な打ち落としが出来ないですし、伸びきった後では力負けして打ち落とせない場合もあります。

そのため、中途半端で力が伝わっていない瞬間を狙うというワケです。

では、剣道の打ち落とし技を上達させるための具体的な練習メニューについて紹介していきます。


1.「胴打ち落とし面」

打ち落とし技でほとんどがこの「胴打ち落とし面」になる場面が多いです。




明らかに胴打ちを狙っている相手に対して、左足から右足を伴って、わずかに左斜め後ろに身体をさばいて、相手の伸びきろうとする竹刀を右下に打ち落として無効にします。

そして一連の流れで隙が生じた相手の面にすかさず面を打ちこみます。

練習の時はまず「打ち落とし」と「面」を分けて考えて、上半身の動きを先行して行いましょう。

この技は上手く打ち落とせないと次の打突に繋がらないためです。

この時、打ち落とし方は、手元を下げて竹刀の中間部を打ち落とすようにしてください。

繰返し反復練習することでコツもつかめてくると思いますので上達できると思います。


1.「突き打ち落とし面」

実は突き技に対しては打ち落としが一番効きます。

他の打突技は振りかぶって弧を描く軌道の竹刀を打ち落とすワケですから、多少のタイミングと打ち落とす竹刀の位置が重要になってきますが、突きについては相手の竹刀が直進してくるワケなので非常の軌道が読みやすく、打ち落としやすいと思います。

また、打ち落とす時は、右にさばいて相手のの竹刀を上から左下に打ち落とすことに注意しておこなうと効果的です。

練習する時は胴打ち落とし面と同じく、上半身の動きを先に行い、後で下半身を付けていきましょう。

そうすることで打ち落とし技が上達するはずです。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ