実践的な小手面の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

小手面とは「小手」と「面」を連続して打つ連続技で、手首の使い方と足さばきが上手く出来ないと技が続かないため、きれいな「小手面」を決めるには打ち方をしっかり理解しておかなければなりません。

ポイントは手の内と左足のひきつけです。


1.「手の内」

剣道において、左手が重要な存在ということは十分承知であるとは思いますが、その中でも小指と薬指の使い方を意識してください。

竹刀を構えた時に左手の小指と薬指を動かすと剣先が上下に細かく振ることが出来ます。

ここでポイントはてこの原理を使うことです。力は特に必要なく左手の小指と薬指を力点、右手を支点、剣先が作用点のイメージで振ってください。

そしてその振りをイメージした状態で「タタタタタン、タタタタタタン」とリズムよく打突をしてみてください。

「小手面」の「小手」を打った後にその振りを意識することで、次の「面」へ上手くつながるはずです。

ここで腕の力は必要ありません。脱力することが上達するためのコツです。


1.「左足のひきつけ」

剣道ではよく「手でうつな、足で打て」と指導を受けることがあります。

これは足さばきが重要ですることを意味します。

「小手面」ではなく2段、3段技を決めるには踏み込んで後に左足をすぐにひきつけてまた踏み込む・・・というように連続して技を打てるように左足が蹴れる体勢を維持しなければなりません。




また、「小手」を打った後に「面」までの間合いが常に一定ということはないので、左足のひきつけを調整し歩幅を合わせることでスムーズに「小手面」を決めることが出来るのです。


2.「小手の跳ね返りの力を利用して面を打つ」

左手の小指と薬指の振りを意識して「小手」を打ちます。

脱力しているため、「ズシン」と当たるのではなく「パンッ」いう感じで当たった竹刀の跳ね返りの力を利用して、「面」の振りの軌道にもっていきます。

そして小手を打った際にひきつけた左足を蹴って前方水平方向に向かって面を打ちます。

そこで「小手面」を実践的使えるようにするには、その時の「面」の振りは必要最低限(左手が額くらい)にして相手の面に向って体全体でぶつかっていきます。

そうすると竹刀の振りが間に合わず有効打にならない面になることを防げますし、最短スピードで技を決めることが出来ます。

最後に注意してほしいことですが、面を打った後の跳ね返りの力は手首に力をいれて抑えください。

そうでないとそのままの勢いで腕が振りあがってしまって「残心」が出来てないとの見方をされる場合があるからです。

「小手面」は「小手」と「面」を続けて打っているので、剣道の基本である個々の技に対する心・技・体を忘れないようにしましょう。

上記のイメージをもって練習することで確実に「小手面」及びその他の連続技も上達するはずです。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ