剣道初心者が面打ちで気をつけるべきポイント

剣道初心者の方に面打ちが上達するためにはどんなところに気をつけなければならないかポンイントを記述していきたいと思います。

但し、初心者と上級者、有段者の打つ面打ちに違いはなく、基本は変わりません。

基本が動作がしっかりできているか、正確且つスピードが乗った打突ができているか、ここで差があるだけなのであとは反復練習と実戦稽古を繰り返して埋めることができます。

つまり初心者でもしっかり基本通りの動作を練習すれば、すぐに上級者になれます。


1.「すり足」

剣道において、「すり足」はどの技においても重要であり、これの基本がしっかりできていないと打突が決めれないばかりか有効打として認められることはありません。

「すり足」は、常に中心線を意識して腰で前に進むようなイメージで練習してください。

相手との間合いを詰めたり、打突スピードを上げるには必要不可欠です。

こちらは反復練習していくしか上達の道はありませんので地道に基礎を固めていきましょう。


1.「左手」

剣道では打突する時の竹刀を操る力配分は、左手8割、右手2割です。

指導者によっては「右手はそえるだけ」なんてバスケットボールのシュートの時みたいな指導をする方もいます。

特に面打ちにおいて「左手」の存在は非常に重要で、振りかぶった時に常に体の中心線からブレない軌道を描けないと一本取れるような面打ちになりませんので、是非左手の存在を意識して練習を行ってください。


2.「イメージトレーニング」

稽古での何気ない素振り時に何を考えていますか?

ボクシングのシャドーボクシング、野球の素振り、みんな相手のことをイメージしてフォームや動作の確認を行い、実際の試合で体がイメージ通りに動くための準備をしています。

剣道でも何も考えずに規定回数素振りをするのと、相手に面打ちするところをイメージしながら素振りを行うとでは、上達度合に差が出ますので是非意識しながら取り組んでみてください。


3.「振りかぶり」

最初はゆっくりでもよいので大きく振りかぶって面打ちをするように心がけてください。

極端な話をすると竹刀を背中につけるまで振りかぶっても構いません。

理想的な面打ちの軌道としては構えから振りかぶって、相手の面に当たるまでの軌道が自身の体の中心線上を通っていることです。

上級者や有段者の方々は、そういった基本の軌道・動作を完璧にして振りかぶるスピードを上げていき、正確で速さのある打突が打てるようになっています。

最初はオーバーストロークでヤキモキするかもしれませんが、この「振りかぶり」をしっかり反復練習して身に着けることで、更なる上達が見込まれます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ