面打ちの時の下半身の使い方 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道の面打ちを上達させることは、小手打ちや胴打ちを上達させることの基本となります。

面打ちは全ての技の基本です。

その面打ちを上達させるにあたり、大切な要素として挙げられるのが下半身の使い方です。


1.面打ち

剣道において面打ちは基本的な技ではありますが、実は応用動作で、対人的技能の仕掛け技に含まれます。

その中の一本打ちの技に、「正面打ち」というのがあり、面打ちとは基本的にそのことを指します。

正面打ちの打ち方について、

1.中段の構えから、相手の中心を攻めて間合に入ります。
2.相手の剣先が右に開いたところを、右足を踏み出し、相手の面が左拳の下から見える位置まで真っ直ぐに振りかぶります。
3.左足で強く床を蹴り、腰を前に押し出しながら右足で踏み込んで振り下ろし、正面を打ちます。
4.相手が開いたらそのまま真っ直ぐ送り足で通り抜けて方向を変えて残心をとります。

このような要領で正面打ちを打つようにします。


2.下半身の使い方

現在、全日本剣道連盟で正しいと謳われている打突は、「一足一打(いっそくいちだ)」です。

一足一打とは、継ぎ足を行わず構えた状態から、右足を出しながら振りかぶり、左足で体を押しだして、打突と同時に左足を引きつけるというものです。

正面打ちをする際に、この一足一打を意識し、普段から心がけることが大切です。

そのためには下半身の使い方がとても重要です。

右足を出すときに、腰が残ってしまわないように、へそを引っ張られる気持ちで腰を前に出すようにします。

その時に左足のバネや、姿勢をぶらさないための体幹、竹刀を素早く振り上げ振り下ろすための背筋など様々な要素が必要です。

下半身の腰は、体で一番重たい部分なので、これを竹刀の振りかぶりと同時に前に出そうとするのはとても大変です。

簡単にできることではないので、練習を積み重ね、つねにおへそをひっぱられるような感覚で腰を前に出すことを意識し、さらに右足はつま先から出すのではなく、膝から出すことを意識しましょう。

つま先から出すとどうしても腰が曲がってしまいます。

姿勢を保ったまま、前に出るには膝から出すことです。

そして竹刀を振り下ろして打突するとき、それと同時に左足の引きつけを素早く行います。

掛け声と打突の瞬間、足の踏み込みと引きつけを一致させるようにします。

左足の引きつけが遅いと、腰が残ってしまい、、綺麗な一足一打の正面打ちができません。


3.まとめ

剣道において面打ちは、基本的に正面打ちのことを指し、一足一打が理想とされています。

この一足一打の正面打ちを実現させるには、下半身の特に腰と足の使い方が重要です。

日々の意識で身につくものであり、突然できるようになるものではありません。

意識して練習を積み重ね、身に付けられるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ