面打ちのタイミングの培い方 | 剣道が上達する練習メニュー

剣道においてすべての技において言えることですが、タイミングは非常に重要です。

その中でも、面打ちはすべての技の基本となり、そこから派生させて様々な技に発展させていきます。


1.面打ち

面打ちについては、いくつかの記事でも触れていますが、すべての技の基本となるので、しっかりと理解しておきましょう。

面打ちは、対人的技能の仕掛け技に含まれます。

仕掛け技とは、相手との攻防の中で駆け引きを交えながら自分で打突の機会を作っていくことです。

基本的な面打ちの方法は、中段の構えから、相手の中心を攻めて間合いに入ります。

相手の県船が右に開いたところを、右足を踏み出し、相手の面が左こぶしの下から見える位置まで真っ直ぐに振りかぶります。

左足で強く床を蹴り、腰を前に押し出しながら右足で踏み込んで振り下ろし正面を打ちます。
その時に左足の引き付けを素早く行います。

掛け声と打突の瞬間、足の踏み込みと引き付けを一致させるようにします。

相手が開いたらそのまま真っ直ぐ送り足で通り抜けて方向を変えて残心を取ります。

この時の面打ちのタイミングは「剣先が右に開いたところ」です。

しかし、「開いた」と思って打ち始めると試合などではもう遅いですね。

そこが仕掛け技で必要な力なのですが、相手との攻防の中で、相手が剣先を右に開きたくなるような駆け引きをすることです。

剣道のタイミングとは、本当に重要で、勝利を収めるために必要な要素です。

しかしこの剣道のタイミングというのは、自分で駆け引きの中で展開しながら探っていき、作っていくものです。

同じようなタイミングでずっと打っていって、不意にタイミングを変えて打ったりすると相手は当然驚きます。

そこがチャンスになっていくわけです。

ですから、一概に面打ちのタイミングといっても、それを上達させるのは自分自身なのです。

タイミングは、人それぞれ全く違うもので、このタイミングが正解だというのはありません。

タイミングとは個性みたいなものです。

でもこのタイミングを上達させると剣道の試合の展開力もつきます。

基本的な面打ちにおいては「相手の剣先が右に開いたこところ」であるならばそれを元に、実戦で様々な場面で試してみて失敗や成功を重ねながら、自分の独自のタイミングを作りあげていきます。


3.まとめ

剣道におけるタイミングとは、その人が相手の出方を見てどう感じるか、どう感じてきたのか、ということが表れる感性みたいなものといっていいかもしれません。

基本的なタイミングを知って、そこから実戦にどう生かしていくのか、それはその人自身の稽古の積み重ね方によるということです。

大切なのは、「上達させよう」という向上心を常に持って稽古に取り組むことです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ