面返し面のコツ及び使い所 | 剣道が上達する練習方法

「○○返し××」と称される技は剣道ではカウンター技になります。それなりの技量が無いと決められないばかりか、タイミングを誤ると相手の竹刀を返せずにあっさりと決められてしまうので、それなりにリスクを伴うということを認識しましょう。


1.「使い所」

私が指導者から受けた教えは「○○返し××というのはそう何度も乱用する技ではない」でした。

冒頭で述べた通り、カウンター技というのは相手に悟られたら効果が半減します。

基本、ここぞという場面で仕掛けて確実に一本決めるという心構えでいきましょう。

この使い所を見極める「場の空気を読める力」も上達しないとカウンター技を決めるのが難しいということも認識しておいたほうがよいでしょう。


1.「誘い」

カウンター技になりますので相手に面を打ってもらうために「誘い」を作らなければなりません。

ここで重要なのが「間合い」と呼ばれる剣先から自身までの距離を半径とした円形の範囲であり、
いわば自身の攻撃範囲です。剣道ではこの「間合い」がものすごく重要です。

つまり相手が面を打ってきやすい間合いに自ら入り、心理的に面を打たせるような状況を
作り出すことが「面返し面」を成功させるコツです。


2.「左手は面の軌道」

間合いを制し相手にうまく面を打たせることに成功したら、次はいかに相手の面を返してカウンターを合わせることが出来るかが肝となってきます。

よく相手の面を上手くさばいたところまでは良かったが、不安定な姿勢で面を放ち有効打として審判に認められないことが多々あります。剣道は心・技・体が一体になって初めて一本が認められます。

柔道のように型が崩れようが何しようが相手の背中を畳につければ一本というのとは違うのです。(あくまで剣道経験者からの一方的な意見です。柔道をしている方気を悪くしないでください)

つまり相手の面を返した時に自身が面を打てる姿勢になっていないとならない。そこで「左手は面の軌道」が重要且つ「面返し面」を成功させるコツであるといえます。

左手は面を打つ時の振りかぶり軌道をキープし体の軸もブレないように意識します。右手は柔らかいイメージをもって相手の竹刀をさばきます。

後は右に返す場合は相手に向って自身が半身ずれる形で相手の左面を打ちます。右面も同じ要領です。(実はこの半身のずらし方が面返し面のコツだという人もいますが、私の経験ではずらし方が上手くとも、相手の面を返した後に面を打てる体勢になっているか、軸がブレてないか、すぐに反応できるかということを考えた時、左手が攻撃体勢になっていればすぐに対応できると思っています)

上記のイメージを意識して面返し面の練習を行うことで確実に技量は上達すると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ