剣道の抜き技が上達する練習方法

剣道の抜き技ですが、技自体の動き方や体の流れについてみなさん理解をしていますでしょうか?

剣道の「抜き技」とは、相手の打ち込みに対して身体をかわして空を打たせると同時に打突する技になります。

注意して欲しいポイントは打つ時に後ろ足が残ったり、腰が引けたりしないようにしてください。

また、打った後は必ず相手に正対し、剣先も相手に向けるようにしましょう。

相手の打突をかわすことに意識がいってしまうと、身体が流れやすく手打ちや姿勢が崩れてしまうのであくまで一連の動作で対処できるように心がけてください。

では、剣道の抜き技の詳細について上達するための練習メニューを紹介していきます。


1.「面抜き胴」

面抜き胴は一番技としては分かりやすく一本決めやすい分類に入ると思います。

なので、抜き技の中で最初に「面抜き胴」を練習することをおススメします。

面抜き胴は相手が面を打とうとする瞬間に送り足で斜め右前に大きく踏み出し、相手からなるべく離れないようにすれ違いながら、相手に空を打たせて右胴を打ちます。

ここで重要なのが「相手から離れすぎないこと」です。

あくまで相手の面に対して必要最低限の動きでかわして前進するようにしてください。




練習の時も抜く時に右側にかわすことに意識がもっていかれないように、まっすぐ抜くように注意すると共に、胴も手打ちとならないようにしっかりと足の踏み込みをするようにしてください。

イメージとしては、抜いて打つというよりは、抜きながら踏み込んで打つようにする。

感覚がつかめてきたら、相手を攻めることで間合いを制し面を誘い出して抜いて胴を打てるようにしてみてください。


1.「面抜き面、面抜き小手」

面抜き面及び面抜き小手は技の諸元はほとんど同じです。

相手の面打ちに対して、素早く左足から斜め後ろに身体をさばき、退きながら竹刀を振りかぶり、相手に空を打たせて隙が生じたところをすかさず面又は小手を打ちます。

練習する時は、相手の面が空を打った後に打突しますが、身体がそのまま残らないように注意しましょう。

足の使い方にもよりますが、抜き技は引いて打つ技ではなく、相手が前に出てくるのを避けて技を打ちにいくため、身体自体は通常の一本打ちと同じ相手に向って前進方向に進むようにします。

そうしないと残心がとれず、有効打として判定されないからです。

相手の打突技を空に切らせて、逆に自身の打突を繰り出すには必要最低限の身体のさばきが必要ですので、その点に注意して練習を行えば間違いなく上達するものと考えます。







剣道が驚くほど上達する練習教材

剣道が驚くほど上達する練習教材

✓子供にもっと剣道を上手くなってほしい
✓大人で剣道を始めたが、伸び悩んでいる
✓部活の指導者だが剣道未経験で困っている
✓剣道を長年やっているが、上達できない
✓基本打ちはできるが、実際の立合で発揮できない


そんなアナタにおすすめなのが、 「剣道が驚くほど上達する練習教材」です。

剣道が驚くほど上達する練習教材は、 元世界選手権覇者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に剣道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の剣道が上達する練習教材を紹介します。


  • 剣道上達革命【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】DVD2枚組



    剣道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 少年剣道の選手から、大人で剣道を始めた人、今よりももっと上を目指したい剣士 のために開発された剣道上達プログラムです!

    世界選手権覇者 となり、その後、指導者として全日本学生剣道優勝大会8回優勝 の実績がある「教士八段 香田郡秀」氏がついに明かす剣道上達の極意が詰まっています!

    しかも、90日以上実戦して剣道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ