hkanemotoさんの記事一覧(5 / 30Page)

実践的な引き胴の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

「引き胴」は「引き面」と途中まで振りかぶりのモーションが同じなので、相手が面を防御してガラ空きになったところを打つのが打ち方のコツです。 その逆もしかりで、相手が「引き胴」に意識がいって面に隙があるようでしたら「引き面」・・・

実践的な逆胴の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

剣道の「逆胴」とは通常相手を真正面から見て左胴を打つのを「胴」と称するのに対して、逆の右胴のことを「逆胴」と称します。 主に相手に飛び込んで打つ「飛び込み逆胴」とつばぜり合いからの引き技「引き逆胴」の二つがあります。 そ・・・

小手のタイミングのコツ|剣道が上達する練習方法

剣道で「小手」をタイミングよく決めて一本とするにはどのようなコツがあるのか。 これは「小手」という技をどのように打つか、どのように攻めていくかが重要です。 一つ目はフェイントを入れて「小手」に対する意識を逸らすやり方。 ・・・

剣道で小手の受け方を工夫すると有効打とならない?

「小手」の受け方を工夫すると有効打とならなくすることが出来ます。 右手小手の場合、相手が「小手」を打ってきた時に右手を離して「小手」を外し、左手でガラ空きの「面」を打つというカウンターは高校生レベルからは当たり前のように・・・

剣道で小手が当たらない!?確実に決めるための方法

「小手」が全然当たらない、一本が取れないということはありませんか? しかも「小手」を打ったらあっさり外されて返し面を決められてしまうというのは剣道のあるあるです。 私は剣道では「小手」が一番決めやすい技だと思います。 な・・・

実践的な小手面の打ち方や使い所 | 剣道が上達する練習方法

小手面とは「小手」と「面」を連続して打つ連続技で、手首の使い方と足さばきが上手く出来ないと技が続かないため、きれいな「小手面」を決めるには打ち方をしっかり理解しておかなければなりません。 ポイントは手の内と左足のひきつけ・・・

剣道初心者が面打ちで気をつけるべきポイント

剣道初心者の方に面打ちが上達するためにはどんなところに気をつけなければならないかポンイントを記述していきたいと思います。 但し、初心者と上級者、有段者の打つ面打ちに違いはなく、基本は変わりません。 基本が動作がしっかりで・・・

面打ちの起こりを隠す技術 | 剣道が上達する練習方法

剣道では「起こり」動作の少ない打突が良いとされています。 例えば面打ちの「起こり」は構えの時に左足荷重が床に発生した時から右足が送り足体勢になるまでとすると、「起こり」動作が大きいと相手に打突開始タイミングが読まれてしま・・・

面返し面のコツ及び使い所 | 剣道が上達する練習方法

「○○返し××」と称される技は剣道ではカウンター技になります。それなりの技量が無いと決められないばかりか、タイミングを誤ると相手の竹刀を返せずにあっさりと決められてしまうので、それなりにリスクを伴うということを認識しまし・・・

剣道の攻め方の種類を紹介します!

剣道において攻防は相手との駆け引きのことであり、この駆け引きを上達させることが試合への勝利に繋がったり、自分自身の心の鍛錬に繋がったりします。 ですから攻め方においてはより多くの種類をこなせるほうが、剣道の幅も広がります・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ