「剣道が上達する練習方法」の記事一覧(3 / 6Page)

剣道の残心が上達する練習メニュー

剣道には、「残心」という概念があります。 これは一本となる打突を行った後でも、即座に敵の攻撃に対処することのできる体勢と気構えを示すものであり、具体的には打ち込んで相手の横をすり抜け、振りかえると同時に素早く構えをとる、・・・

剣道の逆胴が上達する練習メニュー

剣道の打突部位の一つである逆胴は「左胴」とも呼ばれ、相手の左側の胴を打つ技です。 決まり手としては珍しい部類の技ですが立派な有効打突部位であり、好機においてこれを的確に攻めることができれば戦術の幅が格段に広がります。 で・・・

剣道の面打ちが上達する練習メニュー

「面打ち」は剣道にとって象徴的ともいえる技であり、剣道の代名詞であると考える人も少なくありません。 自分にとってはもっとも遠い距離にある打突部位であり、そのため竹刀による迅速な防御が可能で、感覚器官が集中した頭部は鋭敏に・・・

剣道の冬場の練習で気をつけるべきポイント

剣道の練習中に引き起こされる怪我や故障は、実は冬場にもっとも多いことが知られています。 それというのも、気温が下がる冬期では身体が硬直しやすくなり、柔軟性を欠いたコンディションのまま急激な運動を行うことで怪我をしやすくな・・・

剣道の踏み込み足が上達する練習メニュー

剣道では一足で素早く鋭く相手に向けて飛びこみ、技を決めるというシーンが多く見られます。 そんな豪快な技の応酬は剣道という武道の醍醐味の一つであるとも言えますね。 特徴的な大きく飛びこむための足さばきは「踏み込み足」といい・・・

剣道の左足の使い方が上達する練習メニュー

剣道におけるもっとも基本的な構えである「中段」では、右手前・右足前に構えることがほとんどであるため、左足は「蹴り足」として、剣道特有の高速移動を一手に支える推進力としての働きが求められます。 したがって、左足をうまく使う・・・

剣道の左手の使い方が上達する練習メニュー

右手前・右足前の構えが基本となる剣道では、左手を常に自身の正中線に置くことを意識するため、「左手の使い方」が重要な技術の一つとなります。 ところが右利きの人の場合は、ついつい利き手である右側の力が勝ってしまい、真っすぐで・・・

剣道の引き技が上達する練習メニュー

剣道において「鍔迫り合い」の状態から、一挙に後退しながら技を放つのが「引き技」です。 「引き面」、「引き小手」、「引き胴」と、突き以外のあらゆる部位を引き技で有効打とすることができ、膠着状態に陥りやすい鍔迫り合いを打開す・・・

剣道が上達する人形型の打ち込み台を使った練習メニュー

剣道の道場やクラブ活動を行う体育館などには、いわゆる「打ち込み台」と呼ばれる実際の防具をまとった人形が備えられていることがあります。 初心者のうちに打ち込みの練習を行うのに使ったり、自身の打ち込み法を研究したりするのに最・・・

剣道の夏場の練習で気をつけるべきポイント

剣道は屋内で練習することがほとんどではありますが、季節の移り変わりによる気温や湿度などの変化が大きく稽古の仕方にも影響してきます。 特に注意しなくてはならないのが夏場の練習であり、近年の温暖化の影響もあって熱中症や脱水症・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ